おすすめの飲み方は「ゆる割り」

鹿児島生まれの紫芋に白麹で香味まろやか。
アルコール度数は少しおさえめの20度、
熱からず冷たからず、ひと肌からゆる割りが「ここち酔い」。
そのままで、一杯目から〆まで。

『ここち酔い焼酎 新九乃紫』のテーマは、

流れるようにのむ、きれいに和む。

よぶんなものを含まないから、すっきり飲める
体と心が、ここちよく、和んでいく

「こんなお酒(焼酎)を、待っていました」。

お客さまにそう喜んでいただけるお酒(焼酎)ができました。






カップに90度ぐらいのお湯を半分いれる。

●ポットのお湯などは90度ぐらいになっていますので、
そのままで大丈夫です。

●先にお湯を入れて下さい。
焼酎を先に入れてしまうと香りが壊れてしまいます。

カップに氷を1個入れる。
これによりだいたい60度ぐらいの温度になります。

カップに焼酎を半分入れる。
これによりだいたい40度ぐらいの温度になります。
ゆる割り完成!